過払いのしくみを知る

過払い金という言葉に関心を寄せる人が増えています。
借金をしたことのある人ならお分かりでしょうが、過払い金とは、貸金業者から借りたお金の利息を払いすぎた分のお金のことをいいます。
長期にわたってお金を借りていたという人は、そのような過払い金が発生している可能性があります。
何故そのような過払い金が生じるのかといいますと、貸金業者が利息制限法で定められた15%~20%の上限金利を守らずに、その額をはるかに超える出資法の上限金利で貸し付けを行ってきたからです。
この出資法の上限利率は、以前よりも段階的に下げられてきてはいますが、昭和の頃には50%以上、平成に入ってからは40%以上、現在でも20%という高い数字になっています。


一方で利息制限法の金利を見てみますと、借入額10万円未満の場合は20%に、10万円以上100万円未満では18%に、100万円以上では15%というように制限しています。
すなわち、この額を超える金利で借り入れをしている人は利息を払いすぎているということです。
尚、平成22年6月18日より改正貸金業法が完全施行されましたので、現在は20%以下の金利によって貸し出しが行われています。


しかしながら、過去に高い金利の過払い金が生じたことは消滅することはありません。
お金を借りていた人が利息制限法の定められた枠を超えて任意に支払を継続し、その超過部分を元本に充てた場合に計算上の完済となったときには、その後に支払った金額の返還を請求することができます。
長期にわたって高い金利の利息を払い続けてきた人や、高い金利の借り入れをして完済したという人は、貸金業者に対して過払い請求を行うことができるのです。


<特選サイト>
過払い請求の相談の着手金が無料な法律事務所のサイトです・・・過払い

Copyright © 2014 過払い金を取り戻す方法 All Rights Reserved.